東洋医学とアロマセラピー〜感情に働きかける効果的なアロマセラピー〜

東洋医学とアロマセラピー〜ベトナムで出逢い、イギリスで再会〜からの続きです。

 

精油は、様々なルートから人体へ働きかけますが、

 

アロマセラピーが最もその力を発揮するのが

 

嗅覚から脳へ働く作用と言えるのではないでしょうか。

 

 

香りの情報は、瞬時に大脳辺縁系に到達し、

 

感情や本能に働きかけます。

 

そこから、自律神経やホルモンを介して、

 

全身のバランスも整えてくれるのです。

 

 

こんなに大切な感情へのアプローチですが、

 

日本のアロマセラピーの教科書には

 

「ジャスミン=抗うつ作用」「レモン=鎮静作用」と、

 

シンプルにしか書かれていないことも多いのです。

 

 

 

 

東洋医学的な人体の見方では、

 

クライアントの主訴が「うつ」であっても「不眠」であっても、

 

その人の本質を深く見ていくことが重要です。

 

 

 

例えば、

 

焦りと不安が多く、動いていないと気が済まない「水」のタイプは、

 

「腎」を滋養する精油、例えばゼラニウムなどがすすめられます。

 

 

イライラや緊張が強く、常に頑張っている「木」のタイプは、

 

「肝」の気をスムーズに流す精油、例えばベルガモットなどがすすめられます。

 

 

傷つきやすく、感情に流されやすい「火」のタイプは、

 

「心」を調和してくれる精油、例えばネロリなどがすすめられます。

 

 

まずは感情に働きかけ、

 

そして、心が落ち着き、回復し、前向きになる過程で、

 

身体の治癒力も導き出されていくのです。

 

 

 

私が学び、実践している東洋医学とアロマセラピーは、

 

飲んだり原液で使ったりなど、リスクの高い手法は必要ありません。

 

また、「0.5%以下にしないと危険・・」と、怖がりすぎる必要もありません。

 

2〜3%程度の、通常の濃度に希釈した精油を、

 

特定の「ツボ」に塗り込んでいくのが特徴です。

 

 

 

セラピストとしてクライアントに接する時も、

 

友人や家族に行う時も、

 

精油とツボを併用するこのアプローチは、

 

本当に効果を発揮してくれました。

 

 

そして、病気や障がいがあって、フルボディを行なえない方、

 

高齢者や、人生の最期に近づいた方に対しても、

 

短い時間でもとっても良い効果が見られました。

 

 

 

東洋医学を学ぶことは、

 

決して難しいことではなく、最も自然なアプローチ。

 

心身の相関性を学び、人体をホリスティックに見ることにつながっていきます。

 

 

東洋医学的な精油の選び方、そしてツボと精油の組み合わせ、

 

多くの方に、大切に、お伝えしていきたいと思っています。

 

 

東洋医学とアロマセラピーを取り入れた日本初の

国際プロフェッショナルアロマセラピーディプロマコース<英国IFPA資格対応>

 

既にアロマセラピーの基礎を習得済みの方のための<東洋医学とアロマセラピーワークショップ>

 

精油とツボの組み合わせの実技学びたい方に<アロマティック・メリディアンマッサージ>

 

どなたにでも、大切な人を癒す力があります。

自然療法の世界に一歩踏み入れてみませんか?

IMSIオープンキャンパス(体験会)ガイダンス(説明会)開催中!

自然療法の国際総合学院IMSI

 

 

0

    東洋医学とアロマセラピー1〜ベトナムで出逢い、イギリスで再会〜

    1991年に初めてベトナムを訪れて、

     

    その後、1年間ホーチミン市で暮らしました。

     

     

    出発前に、私のかかりつけ医が

     

    「病気になっても、不衛生な病院では絶対に注射を打たないように。

     

    万が一病院に行くときは、これを使ってください」と、

     

    袋いっぱいの注射器(!)をお餞別にくださったほど、

     

    当時のベトナムの医療事情は悪かったのです・・・。

     

     

    そんな不安を抱えながらのベトナムでの生活の中で、

     

    運命の出逢いがありました!

     

     

     

    元々皮膚が弱かった私は、顔中にニキビができてしまいました。

     

    美人の多いベトナムでは、ニキビ面はとても目立ってしまい、

     

    色んな人が「どうしたの?」と顔を覗き込んで来ます。

     

     

    ある日、市場で知らないオバチャンが、「あなたが”熱い”から、涼しいお茶を飲みなさい」と、

     

    一杯の熱いお茶を差し出してくれました。

     

     

    その時は、聞き間違いかと思って、黙ってお茶を頂いたのですが、

     

    後日、またもや知らないオバチャンから「”涼しい”お茶をどうぞ」と声をかけられ、

     

    熱いお茶を頂きました。

     

     

     

    「これは・・・、聞き間違いではない!!

     

    ベトナムでは熱い/涼しいというのは、温度のことだけではなく、

     

    別の意味があるのだ!」と気づきました。

     

     

     


     

     

     

    その後も、

     

    「ビールは”熱い”から飲んではダメ」

     

    「果物は”涼しい”けれど、マンゴー、ドリアン、パイナップルは”熱い”よ」

     

    「ココナッツは”涼しい”からニキビに良いけど、飲み過ぎると寒くて風邪を引くよ」

     

    多くの方からこんなアドバイスを頂きました。

     

     

    そして、身体が熱いときは、涼しい食べ物、

     

    身体が寒い時は”熱い”食べ物、

     

    他にも、食べ物は「5つの味」「5つの色」のバランスが大事だと教えられ、

     

    ベトナムで病気になるどころか、

     

    以前よりも、もっともっと健康でパワフルになって

     

    帰国したのでした。

     

     

    *************************

     

     

    時は過ぎ、セラピストを志してイギリスへ、

     

    ご縁を頼りに、ガブリエル・モージェイ先生率いるITHMAに入学しました。

     

    「一体、いつになったらアロマの話を始めるのだろう・・・」と思いながら、

     

    ガブリエル先生の熱血講義を聞いていると、

     

    「Yin/Yang (陰陽)」

     

    「Five Element (五行)」

     

    というものが出て来たのです。

     

    身震いするほど、感動しました。

     

    ベトナムのオバチャン達が話していた健康談義は、

     

    東洋医学の深い理論に基づいていたのです!

     

     

    後から知ったのですが、

     

    ガブリエル先生は、イギリスの鍼灸・指圧師の資格を持つアロマセラピスト。

     

    日本のマクロビオティックからインスピレーション受けて

     

    東洋医学の道へ入り、

     

    アロマとハーブを結び付けて

     

    東洋医学的なアロマセラピーを実践していらっしゃいました。

     

     

     

    ガブリエル先生から、東洋医学の基本を学び、

     

    東洋の伝統医学医師が、身体の性質を見極めて、身体に合う漢方薬を選ぶように、

     

    精油を選んでブレンドしていく方法を学びました。

     

     

    そして、ケーススタディを重ねる中で、

     

    「この東洋医学的なアロマセラピーの使い方こそが、

     

    心と身体に働きかける最適な方法だ!」と確信する出来事が

     

    次々と起こりました。

     

     

    続きは、明日書きますね。

     

     

    どなたにでも、大切な人を癒す力があります。

    自然療法の世界に一歩踏み入れてみませんか?

    IMSIオープンキャンパス(体験会)ガイダンス(説明会)開催中!

    自然療法の国際総合学院IMSI

     

     

    0

      「人を救いたい!」という想いから生まれた自然療法・ベトナム医道ディエンチャン顔反射療法

      「”治療”ではなく、”リラクセーション”です」

       

      日本のセラピースクールで、何度も刷り込まれてきた言葉。

       

      もちろん、セラピーは日本では国家資格ではなく、

       

      法律的には治療行為はできないことは、百も承知です。

       

       

      でも、多くセラピストの方、セラピストを目指して学んでいる方に、

      知って頂きたいのです。

       

       

      ”治す”のは、自分自身の力。

       

      自然療法は、その力を最大限に発揮するサポートするもの、

       

      ”リラクセーション”も、もちろん大切だけれども、

       

      自然療法には、それ以上の効果や使い方がある、ということ。

       

      *****************************

       

       

      たくさんの自然療法を学ぶ中で、

       

      「心から効果を実感できるもの」、

       

      「きちんと学べば、どなたに対しても安全に使えるもの」を

       

      実践し、伝え続けています。

       

       

      その一つが、ディエンチャンです。

       

       

       

      医療も物資もない戦火の中、

       

      病気になっても病院に行けない状態で、

       

      「人々を救いたい!」という想いから生まれた自然療法。

       

       

       

      創始者のブイ・クォック・チャウ教授です。

       

       

      「人々を救うためには、即効性の高い療法が必要!」

       

      と、人生を賭けて探求したチャウ教授は、

       

      「顔」は人体の中でも特別の部分だと気づきます。

       

       

      顔には多くの「反射区」があり、

       

      600以上もの「ツボ」があり、

       

      そして、脳に近く、たくさんの神経終末が存在しているため

       

      中枢神経系にいち早く働きかけることができます。

       

       

      即効性がありながらも、根本からのアプローチも可能なのです。

       

       

       

       

      ディエンチャンでは、顔の反射区、ツボ、神経の3つを、

       

      様々な道具を使って刺激しながら、

       

      身体を整えていきます。

       

       

      ベトナム医道センターのクリニックには、

       

      神経痛、腰痛、リウマチ、肝炎、癌、目や耳の疾患など、

       

      様々な疾患をお持ちのクライアントが大勢訪れます。

       

      「どんな疾患の方でも受け入れる」のがベトナム医道センターのポリシーで、

       

      難病をお持ちの方も遥々とやってきます。

       

      乳幼児や妊婦さんも多く訪れ、センターはいつも賑わっています。

       

       

       

       

       

       

      また、救急救命術から予防医学、美容、心のケアなど、

       

      あらゆる分野で活用できるディエンチャンは、

       

      「受けるもの」だけでなく「学んで役立てるもの」として、

       

      ベトナムでは多くの人がディエンチャンを学び、実践しています。

       

       

       

       

      IMSIでは、2010年より、ディエンチャン顔反射療法のコースを開講してきました。

       

       

      受講生の中からは、

       

      眼精疲労がすぐによくなった!

       

      長年の花粉症が改善した!

       

      膝の痛みがすぐに良くなった!

       

      風邪を引かなくなった!

       

      熱が下がった!

       

      禁煙に成功した!

       

      ものもらいが良くなった!

       

      子どもの寝つきが良くなった!

       

      上がらなかった腕が、すぐに上がるようになった!

       

      子どもも自分も、薬要らずになった!

       

      血液検査の異常が、正常になった!! などなど、

       

      ここでは紹介しきれないほどの嬉しい声が、

       

      毎年のように届いています。

       

       

      「仕事のために学んだら、

       

      実は、自分と家族がいつの間に健康になっていた・・・」

       

      そんな最も嬉しい報告が、たくさん届くのです。

       

       

       

      ディエンチャンは、ベトナムでは子どもでも施術をしているほど

       

      シンプルな側面もありますが、

       

      理論は、海のように深く、

       

      施術の手法も、星の数ほどあります。

       

       

      文章では、とてもお伝えしきないので、

       

      ご興味のある方には、とにかく一度体験して頂きたいと思います。

       

       

      是非オープンキャンパスにいらしてくださいね。

       

       

      IMSIオープンキャンパス(ディエンチャン体験)

      どなたでも参加が可能です。ディエンチャンの無料体験ができます。

       

      日程はこちらから

       

      ベトナム医道ディエンチャン顔反射療法2017年ディプロマコース開講します!

      「誰もが自分の主治医になれる!」がモットーのベトナムの国際資格を取得しませんか?

       

      詳細はこちらから

       

      0

        自己紹介3 ゛大切な人を癒せる人”を、増やしていきたい

        自己紹介  崋分と家族を癒したい!」から始まった自然療法の学びの旅 

         

        自己紹介◆ 嵒袖い了こそセラピーを!」に感動&伝える決意 

         

        の続きです。

         

         

         

        たくさんの素晴らしい出逢いに恵まれたお陰で

         

        現在の自分があることに、

         

        とても感謝しています。

         

         

        自然療法に出逢う前の私は、

         

        本当に身体が弱く、いつも病気ばかりしていて、

         

        「風邪を引いたらすぐに風邪薬を飲む!」という人でした。

         

         

        セラピストになってからは、

         

        「全く別人」と言っていいほど、

         

        違う景色を見ながら、人生を歩んでいます。

         

         

         

        2001年より自然療法の国際総合学院IMSIで講師をしながら、

         

        セラピストとしても活動を続けています。

         

         

        病院や地域社会の中でのセミナー、

         

        企業の講演会やイベント、

         

        大学や鍼灸学校など、

         

        様々な場所で自然療法の講師もさせて頂いています。

         

         

         

        また、ライフワークとして、

         

        病院や福祉施設の中でのセラピーボランティアもさせて頂いていて、

         

        家に帰れば、家族にほぼ毎日セラピーをしております。

         

         

        正に、寝ても覚めても、セラピー三昧の日々。

         

         

        何故こんなにセラピーオタクなのかと言うと・・・、

         

        原点は、やはり「自分と家族を癒したい!」と言うことに尽きると思います。

         

         

        そして、「゛大切な人を癒せる人”を、増やしていきたい」と、

         

        心より願っているのです。

         

         

         

        そのためには、

         

        「自分が学ぶことは絶対にやめない」

         

        そして、

         

        「受講生さん達が学ぶ場を創り続ける」ということを

         

        大切にしています。

         

         

        ↑ 南アフリカDIインガ・ドーガン先生来日セミナー

         

         

        ↑ ベトナム医道ディエンチャンアドバンスコース

         

         

        ↑ ガブリエル・モージェイ先生来日セミナー

         

         

         

        「本当に効果のある自然療法をいち早く日本に伝えたい!」

         

        そんな想いで、

         

        ワクワクしながら受講生の皆さまをお迎えしています。

         

         

         

        プライベートでは、

         

        2015年9月に出産し、1児の母となりました。

         

         

         

         

         

        娘に先天性の病気と障がいが見つかり、生後20日で手術。

         

        まだまだ、チャレンジングなことが続いていますが、

         

        キラキラとした笑顔を振りまき、

         

        生命力を輝かせる娘の姿に、パワーをもらっています。

         

         

        どんな困難がやってきても、

         

        驚くほどポジティブでいられるのは、

         

        これまで私を支え、成長させてくれたセラピーのお陰でしかないと、

         

        感謝してもしきれません。

         

         

         

        現在は、週休3.5日のワークライフバランスを実現中。

         

        家族を癒しながら、自分も癒されつつ、

         

        ますますセラピスト・自然療法講師として精進していきたいと思っています。

         

        いつもサポートしてくれる家族・IMSIスタッフ・関係者の皆さんに、深く感謝します!

         

         

        座右の銘は、粘〜ギブアップ!

         

        夢は、学生時代にお世話になったベトナムへの恩返しです。

         

         

        どうぞよろしくお願いいたします。

         

         

        ********************************

         

        自己紹介にお付き合いくださいまして

         

        ありがとうございました。

         

         

        明日からは、私がこよなく愛し、最も活用している自然療法について、

         

        お話していきます。

         

         

         

        どなたにでも、大切な人を癒す力があります。

        自然療法の世界に一歩踏み入れてみませんか?

        IMSIオープンキャンパス(体験会)ガイダンス(説明会)開催中!

        自然療法の国際総合学院IMSI

         

         

        0

          自己紹介2 「病気の時こそセラピーを!」に感動 & 伝えていく決意

          自己紹介 崋分と家族を癒したい!」から始まった自然療法の学びの旅の続きです。

           

           

          「自分と家族を癒したい!」

           

          本当にシンプルですが、

           

          自然療法を学び続ける動機は、今でも、ここにあります。

           

           

           

          まずは、

           

          植物療法やマッサージなどの補完療法が根付いていると聞き、英国へ。

           

           

          ITHMAにて、ガブリエル・モージェイ先生より、

           

          東洋医学とアロマセラピーを学びました。

           

           

          身体を部分ではなく全体で見る東洋医学に

           

          植物療法であるアロマセラピーを結び付けることで、

           

          ホリスティック・セラピーの神髄を知ることができました。

           


          「病気でも、どんな状況に陥っても、

           

          香りと優しいタッチは大きなサポートになる」

           

          そして

           

          「感情へのケアは、身体の治癒力向上につながる」ということを学びました。

           

           



          帰国後、セラピスト・講師活動をしながら、

           

          タイ、インドネシア、スペイン、フランス、スコットランド、アメリカなど・・・、

           

          知れば知る程セラピーの学びが、止まらなくなり、

           

          世界の様々な地域を訪れ、自然療法を学び続けました。

           

           

           

           

           

          セラピストとして活動し始めて7年が過ぎた頃、

           

          ベトナム医道と出逢い、

           

          創始者ブイ・クォック・チャウ先生より、ディエンチャン顔反射療法を学びました。



          医療も物資もない戦火の中で、

           

          「誰もが自分の主治医になれる!」と決意した人々の

           

          智恵と力の結集であるディエンチャン。

           

           

          「自然療法は即効性はない」と言う常識を覆すスゴイ効果、

           

          重い病気の方も訪れるクリニックで施術に当たる先生たちの姿、

           

          そして、

           

          「禁忌? 気を付けるツボはあるけど、

           

          ディエンチャンの施術そのものに禁忌はない」

           

          という先生の言葉に、

           

          衝撃を受けました。

           

           

           

           


           

          その後、「南アフリカでは、リフレクソロジーが国家資格」と聞き、

           

          Dougans Internationalにて、インガ・ドーガン先生より、

           

          セラピューティック・リフレクソロジーを学びました。

           


          東洋医学と反射学を融合させたその斬新なテクニック、

           

          そして、

           

          妊婦、高齢者、病気や障がいのある方も、

           

          心身の調子を整えるためにトリートメントを受け、

           

          効果を実感している姿、

           

          「病気の時こそ、もっとセラピーを受けるべき!」との先生の言葉に

           

          深い感動を覚えました。

           

           

           

           

           

          様々な学びの中で、

           

          「セラピーが必要な人に、伝えていかなくては!」

           

          「本当に効果のある世界の自然療法を、日本に伝えていくのが使命!」という

           

          確信が芽生えてきました。

           

          自己紹介3 大切な人を癒せる人を増やしていきたい に続きます。

           

           

           

          どなたにでも、大切な人を癒す力があります。

          自然療法の世界に一歩踏み入れてみませんか?

          IMSIオープンキャンパス(体験会)ガイダンス(説明会)開催中!

          自然療法の国際総合学院IMSI

           

           

          0

            自己紹介1 「自分と家族を癒したい!」から始まった自然療法の学びの旅

            2001年からIMSIで自然療法の講師を務め、

             

            これまで5000人以上の方にご指導させて頂きました。

             

            「昔からの親友」のような、長いお付き合いの受講生さんもいれば、

             

            新しい出逢いも毎年あります。

             

            自然療法を学ぶきっかけはそれぞれですが、

             

            皆さまにとって素晴らしい学びになりますよう、

             

            精一杯サポートさせて頂きます。

             

            さて、

             

            昔からの受講生さんには、今更・・・という感じですが(笑)、

             

            新しく出逢う方のために、自己紹介させて頂きます。

             

             

            *****************************

             

            1973年生まれ。神奈川県川崎市出身。

            徒競走で、わざとユックリ走ってしまう程、

             

            幼少の頃から「競争」が苦手な子どもでした。
             

             

            「人がやらないことをすれば、競争しなくて済むのでは・・・?」と思い、

            東京外国語大学でベトナム語を学び、ホーチミン市総合大学に留学。

             

             

             

             

            ベトナム生活で一番感動したことは、

             

            人々が西洋医学に頼らず、自然療法で病気を治し、

             

            イキイキとしている姿でした。
             

             

            卒業後、自動車メーカーに就職し、

             

            アジア、アフリカ、ヨーロッパ、中南米など、様々な地域の海外営業を担当。

             

            スーツケース2個担いで、1ヶ月海外出張に出ることも。

             

             

             



            多忙な生活で心身のバランスを崩し、

             

            また同じ時期に、家族の不調も見つかりました。
             

             

            「ベトナムの人々みたいに、薬に頼らず健康を取り戻せたら・・・」と思っていた矢先、

             

            日本に上陸したばかりの「リフレクソロジー生徒募集」の広告を発見!

             

            飛びついて学びました。



            奥深い世界に感動する一方で、

             

            「妊娠中や病気の人には禁忌」という注意書きに、

             

            「え!? 不調の時こそ力になると思っていたのに・・・」と、ガッカリしました。
             

             

            調べてみると、

             

            アロマセラピーもリフレクソロジーも、

             

            国内で少し勉強しただけでは禁忌や制限が多いけれども、

             

            海外では「病気の人も、そうでない人も、ホリスティックにケアを行う」という考えの下、

             

            自然療法が病院の中でも行われていることが分かりました。
             

             

            「これだ!」と思い、日本を飛び出しました。

             

             

            ここから始まる、自然療法の学びの旅。

             

            動機は「自分と家族を癒したい!」ただそれだけでした。
             

            自己紹介2「病気の時こそセラピーを!」に感動&伝えていく決意につづきます。

             

             

             

            どなたにでも、大切な人を癒す力があります。

            自然療法の世界に一歩踏み入れてみませんか?

            IMSIオープンキャンパス(体験会)ガイダンス(説明会)開催中!

            自然療法の国際総合学院IMSI

             

            0

              ブログリニューアルしました

               

              冨野玲子です。

              ご訪問いただき、ありがとうございます!
              この度、ブログをリニューアルさせて頂きました。
              どうぞよろしくお願いいたします。

              ***********************

               

              「最先端の医療を受けているのに、よくならない・・・!」

               

              心と身体のつながりを重視せず、

               

              身体の一部のみにしか注目していない西洋医学に、

               

              不安を抱えている方が大勢いらっしゃいます。

               

               

              「ならば、自然療法が良いと聞いたので、試してみよう!」と思っても、

               

              スクールで少し学んでみたら「禁忌」と言われ、

               

              ガッカリする方も多いのではないでしょうか?

               

               

              私は、アジア、アフリカ、ヨーロッパなど、

               

              多くの国と地域で自然療法を学ぶ機会に恵まれました。

               

              世界に目を向けてみると、

               

              「病気の人も、そうでない人も、ホリスティックにケアを行う」という考えの下、

               

              自然療法が病院の中で使われていたり、

               

              病院に行けない人のために役立てられていることも多いことが分かりました。

               

              自然療法は、きちんと学べば、

               

              どんな方に対しても、行なえることがある、

               

              自然療法だからこそできるケアがあるのです。

               

               

              このブログは、手っ取り早く、治す手法を教えるブログではありません。

               

              「大切な人のために世界の自然療法を学びたい!」

               

              そんな方に、お役に立てましたら幸いです。

              どうぞ、お付き合いください。

               

               

              自然療法の国際総合学院IMSI

              0

                PROFILE

                冨野玲子 Reiko Tomino 自然療法の国際総合学院<IMSI>学院長

                BACK NUMBER

                CATEGORIES

                ARCHIVES

                CALENDAR

                S M T W T F S
                 123456
                78910111213
                14151617181920
                21222324252627
                28293031   
                << January 2018 >>

                RECENT COMMENT

                • 2018年 あけましておめでとうございます!
                  KEN
                • 夜中に食べてしまう過食”の方へ
                  kikosalon

                SEARCH THIS SITE

                MOBILE

                qrcode

                OTHERS