ディエンチャン顔反射療法・内容解剖その

慈子先生とのリレー投稿の続き。

 

ディエンチャンのコース内容について、ご紹介しています。

 

先に、こちらをご覧くださいね。

 

ベトナム認定ディエンチャン顔反射療法について

 

ディエンチャン顔反射療法内容解剖その

 

ディエンチャン顔反射療法内容解剖その
 

 

モジュール3は、応用編。

 

相手の症状、体質、緊急度などによって、ディエンチャンのテクニックを使い分けていき、

 

より実践的な内容を深めていきます。

 

 

1)ディエンチャンの救急救命術

 

「道端で倒れている人がいたら、あなたは何をしますか?」

 

ベトナム医道センターで学ぶ重要なトピック。

 

医療に頼ることのできなかった貧しい時代に開発されたディエンチャンでは、

 

「緊急の時はどうするの!?」ということも、当然勉強します。

 

「リラクセーション」や「美容」が目的ではなく、

 

「人を救う」ことを目的としたセラピーなのです。

 

失神から蘇る! 痛いけど、気分爽快!

 

そんな特別な顔へのアプローチを習得します。

 

 

2)消炎鎮痛プラスターの活用術

 

相手が子どもだったり、睡眠中だったり、または、何らかの理由でツボ押しができない場合、

 

また、ずーっとツボを刺激していたい場合などに

 

活用できるのが・・・、

 

日本では手に入りやすい、コレです!

 

 

ベトナムでは、子どもも大好き!

 

使ってみたら、意外や意外! 

 

気持ち良くて、病みつきになりますので、ご注意くださいね〜!

 

もちろん、効果も抜群です!

 

 

3)色々な症状に働きかける「ツボのフォーミュラ」

 

 

 

創始者・チャウ先生は、顔における600以上ものツボを発見しましたが、

 

それだけにとどまらず、

 

「ツボとツボとの組み合わせによる効果」を発見したことも大きな功績と言えます。

 

ツボとツボとの組み合わせで、

 

その効果も、バリエーションも、果てしなく広がるのがディエンチャンの醍醐味です。

 

 

基礎コースでは、

 

「気を上げる(温める)フォーミュラ」「気を下げる(涼しくする)フォーミュラ」、

 

「陰血補足フォーミュラ」「痰・水滞を散じるフォーミュラ」「こぶ・腫物のフォーミュラ」

 

「重要な4つのツボ(アレルギーなどに用いる)のフォーミュラ」

 

という、体質改善につながる基本的なフォーミュラをお伝えします。

 

 

この体質改善のためのフォーミュラ+臓器や各部のツボや反射区を使うと、

 

根本的な体質改善+症状へのアプローチと、両方の働きかけが可能になります。

 

 

4)耳・手・足・背中・腹部へのアプローチ

 

ディエンチャンは、言葉としては「顔診断」という意味で、

 

施術も通常は顔に行なっていきますが、

 

「絶対に顔だけ!」ということはありません。

 

何らかの理由で顔に行えない場合、

 

顔+αで行いたい場合、

 

または受け手が希望する場合などには、

 

顔以外のところにも施術します。

 

 

 

これも、ディエンチャンの法則に則った、

 

反射区や同形図を使った施術です。

 

 

 

 

5)施術の組み立て方、ケーススタディ

 

基本を学んだら、実践あるのみです。

 

ディエンチャンには、様々な基本を組み合わせて、無限大の施術アプローチがあります。

 

頭痛、腰痛、皮膚トラブル、ストレスから来る肩こりなど・・・、

 

様々なケースを想定して、施術の組み立てのパターンを考えていきます。

 

 

6)よく使うツボ

 

600個以上あるツボ、全てを覚える必要はありませんが、

 

フォーミュラに何度も出てくるお馴染みのツボがいくつかあります。

 

よく使うツボについて、じっくりと解説していきます。

 

 

7)ディエンチャン心からの言葉

 

ディエンチャンは、医学でも医術でもない、「医」の「道」。

 

「心」がなくては、できない医道。

 

技術を学んでも、知識を学んでも、

 

「心」がなければ、土台のない家みたいになってしまいます。

 

 

基礎コースを修了する皆さまに、創始者チャウ先生の心からの言葉を贈ります。

 

 

 

 

 

以上が、モジュール3で行う内容です。

 

もちろん毎回実習&フィードバックタイムもありますよ。

 

学べば学ぶほど、自分が健康になれるのが自然療法の良い所です。

 

これまでも、受講生さんから、学びながらいつの間にか「頭痛がなくなった!「花粉症がなくなった!」「肌がきれいになった!!」という嬉しい声が続々と届いています。

 

 

 

モジュール1〜3だけでも盛りだくさんですが、

 

これでもベトナム医道センターの「ディエンチャンコース」のまだ半分。

 

ベトナム医道センターのレギュラーコースは、モジュール1〜6までなのです。

 

 

日本では、モジュール4〜6は、現地から先生をお招きしているため、

 

どうしても年に1度、6日間連続という集中クラスとなってしまいます。

 

6日間連続でどうしても参加できない方もいらっしゃるため、

 

日本ではモジュール1〜3の「基礎コース」、モジュール4〜6の「アドバンスコース」と2つに分けているのです。

 

 

↑ベトナム医道センターでの、アドバンスコース修了。

 

 

日本でも、ディエンチャンで心身の健康を手に入れる方が増えていくこと、楽しみにしています!

 

 

ベトナム医道認定ディエンチャン顔反射療法ディプロマコース

 

ディエンチャンの体験が可能なオープンキャンパス

 

じっくりお話したい方は、個別相談も随時承っています。

 

 

0

    「人を救いたい!」という想いから生まれた自然療法・ベトナム医道ディエンチャン顔反射療法

    「”治療”ではなく、”リラクセーション”です」

     

    日本のセラピースクールで、何度も刷り込まれてきた言葉。

     

    もちろん、セラピーは日本では国家資格ではなく、

     

    法律的には治療行為はできないことは、百も承知です。

     

     

    でも、多くセラピストの方、セラピストを目指して学んでいる方に、

    知って頂きたいのです。

     

     

    ”治す”のは、自分自身の力。

     

    自然療法は、その力を最大限に発揮するサポートするもの、

     

    ”リラクセーション”も、もちろん大切だけれども、

     

    自然療法には、それ以上の効果や使い方がある、ということ。

     

    *****************************

     

     

    たくさんの自然療法を学ぶ中で、

     

    「心から効果を実感できるもの」、

     

    「きちんと学べば、どなたに対しても安全に使えるもの」を

     

    実践し、伝え続けています。

     

     

    その一つが、ディエンチャンです。

     

     

     

    医療も物資もない戦火の中、

     

    病気になっても病院に行けない状態で、

     

    「人々を救いたい!」という想いから生まれた自然療法。

     

     

     

    創始者のブイ・クォック・チャウ教授です。

     

     

    「人々を救うためには、即効性の高い療法が必要!」

     

    と、人生を賭けて探求したチャウ教授は、

     

    「顔」は人体の中でも特別の部分だと気づきます。

     

     

    顔には多くの「反射区」があり、

     

    600以上もの「ツボ」があり、

     

    そして、脳に近く、たくさんの神経終末が存在しているため

     

    中枢神経系にいち早く働きかけることができます。

     

     

    即効性がありながらも、根本からのアプローチも可能なのです。

     

     

     

     

    ディエンチャンでは、顔の反射区、ツボ、神経の3つを、

     

    様々な道具を使って刺激しながら、

     

    身体を整えていきます。

     

     

    ベトナム医道センターのクリニックには、

     

    神経痛、腰痛、リウマチ、肝炎、癌、目や耳の疾患など、

     

    様々な疾患をお持ちのクライアントが大勢訪れます。

     

    「どんな疾患の方でも受け入れる」のがベトナム医道センターのポリシーで、

     

    難病をお持ちの方も遥々とやってきます。

     

    乳幼児や妊婦さんも多く訪れ、センターはいつも賑わっています。

     

     

     

     

     

     

    また、救急救命術から予防医学、美容、心のケアなど、

     

    あらゆる分野で活用できるディエンチャンは、

     

    「受けるもの」だけでなく「学んで役立てるもの」として、

     

    ベトナムでは多くの人がディエンチャンを学び、実践しています。

     

     

     

     

    IMSIでは、2010年より、ディエンチャン顔反射療法のコースを開講してきました。

     

     

    受講生の中からは、

     

    眼精疲労がすぐによくなった!

     

    長年の花粉症が改善した!

     

    膝の痛みがすぐに良くなった!

     

    風邪を引かなくなった!

     

    熱が下がった!

     

    禁煙に成功した!

     

    ものもらいが良くなった!

     

    子どもの寝つきが良くなった!

     

    上がらなかった腕が、すぐに上がるようになった!

     

    子どもも自分も、薬要らずになった!

     

    血液検査の異常が、正常になった!! などなど、

     

    ここでは紹介しきれないほどの嬉しい声が、

     

    毎年のように届いています。

     

     

    「仕事のために学んだら、

     

    実は、自分と家族がいつの間に健康になっていた・・・」

     

    そんな最も嬉しい報告が、たくさん届くのです。

     

     

     

    ディエンチャンは、ベトナムでは子どもでも施術をしているほど

     

    シンプルな側面もありますが、

     

    理論は、海のように深く、

     

    施術の手法も、星の数ほどあります。

     

     

    文章では、とてもお伝えしきないので、

     

    ご興味のある方には、とにかく一度体験して頂きたいと思います。

     

     

    是非オープンキャンパスにいらしてくださいね。

     

     

    IMSIオープンキャンパス(ディエンチャン体験)

    どなたでも参加が可能です。ディエンチャンの無料体験ができます。

     

    日程はこちらから

     

    ベトナム医道ディエンチャン顔反射療法2017年ディプロマコース開講します!

    「誰もが自分の主治医になれる!」がモットーのベトナムの国際資格を取得しませんか?

     

    詳細はこちらから

     

    0

      PROFILE

      冨野玲子 Reiko Tomino 自然療法の国際総合学院<IMSI>学院長

      BACK NUMBER

      CATEGORIES

      ARCHIVES

      CALENDAR

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      RECENT COMMENT

      • 夜中に食べてしまう過食”の方へ
        kikosalon

      SEARCH THIS SITE

      MOBILE

      qrcode

      OTHERS