セラピストの役割〜マーティン・ピストリウスさんについて〜

先月開催されましたIFPAアロマセラピストによる症例報告会で、緩和ケアでのアロマセラピーの症例報告をされた畑亜紀子さんの発表の最後に、マーティン・ピストリウス(Martin Pistorius)さんのご紹介がありました。

 

「脳に障がいを負い、植物状態だと思われていたマーティンさんには、実は10年以上もの間、意識があったのです。

 

そのことに気付いたのは、一人のアロマセラピストでした。」

 

私は畑さんのお話を聴いて初めてマーティンさんのことを知ったのですが、感銘を受け、すぐにマーティンさんについて調べてみました。(畑さん、ありがとうございます!)

 

 

マーティンさんは、南アフリカのヨハネスブルグ出身とのこと。

 

南アフリカでは、リフレクソロジーと同様に、アロマセラピーも国家資格。

 

現地では介護施設にてアロマセラピーが行われているとは、興味深いことですね!

 

 

このような自伝も出版されていました!

 


 

 

マーティンさんのことを、簡単に、ご紹介します。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

1975年にヨハネスブルグに生まれたマーティンは、両親、妹弟とともに、何不自由ない生活を送っていました。

 

12歳の時に、突然風邪のような症状から未知の病にかかり、歩けなくなり、思考能力や記憶力も低下しはじめました。

 

1年後には、呼び掛けに全く反応しなくなり、完全に意識を失った植物状態だと診断され、意識が戻ることはないだろうと医師に告げられます。

 

しかし、16歳となったマーティンは、徐々に意識を取り戻し、自分の置かれた状況も理解できるようになっていきました。

 

でも、彼が意識を取り戻したことに気づく者は、誰もいませんでした。

 

献身的に面倒を見てくれた父親でさえも、気づかなかったのです。

 

意識はあり、痛みなどの感覚も感じているのに、自ら動いたり声を発することができない辛さは、私たちの想像を絶するものでしょう。

 

(このように、意識はあるのに完全に麻痺していて動けない状態のことを「閉じ込め症候群 locked-in syndrome」と言うそうです)

 

家庭は崩壊し、看病に疲れ果て鬱状態になった母親は、マーティンに、死んでほしいと訴えました。

 

介護施設では、物のように扱われたり、暴言を吐かれたり、嫌がらせを受けることも多々あったのだそうです。

 

意識を取り戻してから約10年が過ぎた頃、マーティンは、誰かから気づいてもらう希望どころか、生きる希望も完全に失っていたそうです。

 

それでも、自ら命を絶つことさえ、叶いません。

 

そんな頃、介護施設でヴァーナというアロマセラピストが、週に1度マーティンのアロママッサージを担当することになりました。

 

ヴァーナは、他の人たちとは違い、マーティンの顔をしっかりと見つめながら、話しかけ続けました。

 

そして、マーティンの顔に、僅かながら、反応があることに気付いたのです。

 

ヴァーナが両親に強く勧めた結果、マーティンは大学の重度障害者用のコミュニケーションセンターで検査を受け、意識があることが判明しました。

 

そこから、パソコンを使ったコミュニケーションの訓練と、麻痺した身体のリハビリに励むことになりました。

 

最初は、額に付けた赤外線で、画面のキーボードをポイントし、コミュニケーションをはかっていましたが、5年後には自分の手でキーボードを打つことができるようになりました。

 

その後、マーティンは大学に入学し、専門的に情報処理を学びます。

 

友達もでき、仕事を得て、講演会に呼ばれて同じような境遇の方に力を与えるなど、人生が変わっていきました。

 

そして、生涯の伴侶となる女性、ジョアナと出逢って英国に移住し、結婚。

 

現在は、ウェブの開発者、デザイナーとしても活躍しています。

 

「冗談好きのテクノロジーおたく」と自らを評し、自分で自動車を運転し、スポーツ観戦や映画鑑賞を楽しんでいます。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

書籍は、ジョアナと結婚したところで終わっていますが、なんと、現在ではお子様にも恵まれ、幸せに暮らしていらっしゃいます!

 

Facebookでフォローさせていただいていますが、可愛らしいベビーとのライフが綴られていますよ。

 

マーティンさん、本当に素晴らしい方です。

 

これからもFacebookで応援していきたいと思っています。

 

こちらのサイトではマーティンさんの講演が聴けますよ。

 

 

ここまでマーティンさんを回復させたのは、本人の努力と周りのサポートはもちろんのことですが、「気づいてもらうこと」「声をかけてもらうこと」「気にかけてもらうこと」って、本当に重要なのだと思いました。

 

コミュニケーションが始まるにつれ、マーティンさんの身体機能も、みるみる回復してきたのですから(もちろん、リハビリの成果もあると思いますが)。

 

 

それにしても、アロマセラピストのヴァーナさん、素晴らしい!!!

 

6月に英国より来日予定のキース・ハント先生も「セラピストとは、施術をする人ではなく、クライアントの心を明るく照らす人」と言っています。

 

ヴァーナさんは、持ち前のセラピスト精神で、マーティンさんの人生を明るく照らしたのですね!

 

マーティンさんの自伝を読んで、改めてセラピストの役割を考えるきっかけとなりました。

 

私もヴァーナさんを見習って、相手がどんな状況であっても、常に目を見て、話しかけて、寄り添っていけるようなセラピストでありたいと思います。

 

 

 

アロマセラピー、リフレクソロジー、ディエンチャンなど、自然療法を学びたい方、是非IMSIオープンキャンパスにいらしてくださいね。

英国IFPAアロマセラピーオープンキャンパス

南アフリカセラピューティック・リフレクソロジーオープンキャンパス

ベトナム医道ディエンチャンオープンキャンパス

 

アロマセラピー、リフレクソロジー、ディエンチャン、セラピーの自然旅行が楽しめる特別な1日

5/26開催! IMSIセラピーフェスティバル

 

 

 

0
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PROFILE

    冨野玲子 Reiko Tomino 自然療法の国際総合学院<IMSI>学院長

    BACK NUMBER

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    CALENDAR

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    RECENT COMMENT

    • 2018年 あけましておめでとうございます!
      KEN
    • 夜中に食べてしまう過食”の方へ
      kikosalon

    SEARCH THIS SITE

    MOBILE

    qrcode

    OTHERS