欧州より パリのディエンチャンアカデミー

IFPAアロマセラピー国際カンファレンス開催地のエディンバラの次に向かった先は、パリ。

 

 

真っ先に、ディエンチャンアカデミーを訪れました。

 

迎えてくれたのは、ディエンチャンを国際的に広めた立役者、イエン先生です。

 

 

もともとは、ディエンチャンを学ぶ1生徒だったというイエン先生。

 

ディエンチャンの素晴らしさに感動し、これを世界に広めたいと、アカデミーを設立。

 

あっという間に、フランス中にディエンチャンを普及させました。

 

来月と再来月、フランスから一団を連れてベトナムツアーを開催するそうですが、

 

定員いっぱいで、2回も連続で開催するのだそうですよ。

 

 

来年は、アカデミー設立10周年で、ビッグイベントを企画しているそうです。

 

 

ランチタイムは、アカデミーで一緒に学んだ、パリ在住のアイコさんも合流。

 

 

「何食べたい?」と訊かれ、「ベトナム料理!」と答えると、

 

「えー!それなら、私が作るわよ!」とアカデミーのキッチンへ消えたイエン先生。

 

30秒後にキッチンから出てきて、「やっぱり、外に行きましょう!」と行って、

 

向かった先は、アカデミーの隣のイタリアン(笑)。

 

 

話しているだけで、イエン劇場を観ているようで、

 

とっても楽しいランチタイムとなりました。

 

子育ても、仕事も、パワフルで前向き。

 

見習いたいなー!

 

 

 

アカデミーで、見慣れないディエンチャン棒を発見!

 

「こ、これは・・・!?」と訊くと、

 

卒業生が、水晶をベトナム医道センターに持ち込んで、特注で作ってもらった品なのだとか。

 

水晶のローラーは、金属とは違うヒンヤリ感で、気持ち良いのです。

 

これなら、棒で刺激を感じた時に、瞬時に水晶で鎮静ができますね。

 

早速購入してきました。

 

少量ですが、日本の卒業生さんにも販売できるように仕入れてきましたので、欲しい方はおしらせくださいね。

 

 

 

私の師匠、IFPA会長のガブリエル・モージェイ先生が来日します!

痛みと感情に対する東洋医学的アロマセラピー

 

自然療法にご興味のある方は、ぜひIMSIのオープンキャンパスにいらしてくださいね。

英国IFPAアロマセラピーオープンキャンパス

南アフリカセラピューティック・リフレクソロジーオープンキャンパス

ベトナム医道ディエンチャンオープンキャンパス

 

 

0
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PROFILE

    冨野玲子 Reiko Tomino 自然療法の国際総合学院<IMSI>学院長

    BACK NUMBER

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    CALENDAR

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    RECENT COMMENT

    • 2018年 あけましておめでとうございます!
      KEN
    • 夜中に食べてしまう過食”の方へ
      kikosalon

    SEARCH THIS SITE

    MOBILE

    qrcode

    OTHERS