どこの精油を使っていますか?

 

 

「どこの精油を使っていますか?」という質問は、

 

「どちらのアロマセラピー協会の方ですか?」というのと同じくらい、

 

いや、それ以上に

 

そのセラピストの想いやポリシーや、

 

どんなことを大切にしているのかを、知ることができる質問なのではと思います。

 

 

「勧められたから」

 

「安いから」

 

「みんな使っているから」

 

趣味でアロマセラピーを愉しんでいる場合は、どのような理由でも良いと思います。

 

 

でも、プロのアロマセラピストであれば、

 

自分の使っている精油を、きちんとお客様に説明できるようになって欲しいなーと思うのです。

 

プロの大切な商売道具ですものね。

 

 

大工さんに「そのノコギリ、どうして選んだの?」って訊いて

 

答えに困っているような大工さんに、仕事頼みたくないですよネ・・・。

 

(そんなこと、訊く人いないと思いますが・・・笑)

 

 

「メディカルグレードだから」

 

そういう理由を挙げる方も多いと思います。

 

ふむふむ、そんな考え方があっても良いかもしれません。

 

でも、メディカルグレードだと何故信頼できるのか、

 

それもお客様にちゃんと説明できないと、ですよネ。

 

 

「オーガニックだから」

 

ふむふむ、良いですね。

 

そのような方は、オーガニックが何故良いのかきちんと理解して、

 

お客様に説明できると良いですよね。

 

(でも、オーガニックの素晴らしさを強調しつつ、

 

精油以外はめちゃケミカル・・・ということのないようにネ)

 

 

「良い香りだから」

 

こんな理由も、素晴らしいですネ。

 

一流のプロの料理人が「美味しいから、ここの野菜を選びました!」って言ったら、

 

何だか信頼できそう・・・。

 

でも、そういう料理人は、複数の産地や農家から色々と取り寄せて吟味したうえで

 

一番美味しいお野菜を選ぶのでしょうネ。

 

(まさか、1種類の野菜しか知らずに「美味しいから」とは言っていないでしょう・・・)

 

 

アロマセラピストも、1種類のメーカーの精油だけでなく、色々と試してみたら良いと思うのです。

 

だって、「アロマセラピスト」=「香りのプロ」と自称する訳ですから、

 

それくらいの探求心があっても良いではないですか!

 

 

私も、「良い精油」と聞けば、すぐに買ってしまいます。

 

だから、基本的な精油は、色んなメーカーのものをたくさん持っています。

 

そして、「もっと良い精油」を、常に探しているのです。

 

 

「ここのメーカーがお勧めでーす!」

 

そんな記事を期待していた方、ごめんなさい!

 

・・・というのは、

 

私が選ぶ精油は、私の尺度の中の「良い精油」であって、

 

ブログ読者の方の尺度とは、違うかもしれないのです。

 

 

だから、お会いした方にお話はできますが、

 

ブログという公の場で、「ここがお勧め!」とは、なかなか言いにくいのですよね。

 

↑ この悩み、アロマセラピー講師の方なら、分かって頂けると思うのですが・・・。

 

 

お話聞きたい方は、是非アロマセラピーオープンキャンパスガイダンスにいらしてくださいネ。

 

お日にち限られてしまいますが、希望者には個別のガイダンスも承っています。

 

 

〜英国式アロマセラピー資格取得と世界のセラピーを学ぶ〜

自然療法の国際総合学院 IMSI

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PROFILE

    冨野玲子 Reiko Tomino 自然療法の国際総合学院<IMSI>学院長

    BACK NUMBER

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    CALENDAR

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    RECENT COMMENT

    • 2018年 あけましておめでとうございます!
      KEN
    • 夜中に食べてしまう過食”の方へ
      kikosalon

    SEARCH THIS SITE

    MOBILE

    qrcode

    OTHERS