無農薬ハーブとハーブクラフトのSORRY KOUBOUさん訪問

アロマ交流会に参加していた二人の女性がハーブ畑と工房を経営していらっしゃると言うので、

 

翌日、ガブリエル先生、フプの森メンバーと尋ねてみました。

 

SORRY KOUBOUさんです!

 

 

まさに、ハーブのお花畑!

 

何もない草藪から、自分達の手でハーブ畑をつくり、

 

植え付け、雑草取り、収穫までを手作業で行っているのだそうです。

 

 

冬は2メートルも雪が積もり、マイナス30度にもなる下川町の冬を越える、

 

生命力たっぷりのハーブたちを無農薬で育てて、

 

チンキ、ティー、石鹸などをつくっています。

 

これは、ジャーマンカモミールとローマンカモミール、

 

 

鮮やかなカレンデュラ、

 

 

エディブル(食べられる)フラワーである、ボリッジ。 

 

蜜がタップリで、甘い味でした。

 

 

ところで、SORRY KOUBOUさんとは、何だか面白いお名前ですが、

 

文字通り、アイムソーリーのソーリー。

 

「ごめんなさい、わからないから教えてください」という意味なのだそうです。

 

そうですよね。自然を前にしたら、分からないことだらけです!

 

素直に、謙虚に、学び続ける気持ち、とっても素敵だと思いました。

 

なんだか、応援したくなりますよね。

 

生命力たっぷりのハーブでつくったティーやチンキ、私も使わせていただきます!

 

 

SORRY KOUBOUさんのウェブサイトはこちら

http://sorrykoubou.jp/

0
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PROFILE

    冨野玲子 Reiko Tomino 自然療法の国際総合学院<IMSI>学院長

    BACK NUMBER

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    CALENDAR

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    RECENT COMMENT

    • 2018年 あけましておめでとうございます!
      KEN
    • 夜中に食べてしまう過食”の方へ
      kikosalon

    SEARCH THIS SITE

    MOBILE

    qrcode

    OTHERS